治療することはもちろん、
患者様が豊かな生活を送るための
手助けになるように努めております。

私達は患者様に信頼・信用していただくことを心掛けています。
そのためには、第一にご来院の理由をよくお聞きしてから、お体が現在どういう状態なのか、どうなっていったら健康を保てるのかを、しっかりとお調べします。

そして、その結果をより分かりやすくご説明し、よく相談して方針を決め、その上で治療させていただいております。

地域に密着した「かかりつけ医」として、皆さまの健康をお守りするべく全力を尽くしてまいりますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

↓↓↓↓タブレット↓↓↓↓

治療することはもちろん、
患者様が豊かな生活を送るための
手助けになるように努めております。

私達は患者様に信頼・信用していただくことを心掛けています。

そのためには、第一にご来院の理由をよくお聞きしてから、お体が現在どういう状態なのか、どうなっていったら健康を保てるのかを、しっかりとお調べします。

 

そして、その結果をより分かりやすくご説明し、よく相談して方針を決め、その上で治療させていただいております。

 

地域に密着した「かかりつけ医」として、皆さまの健康をお守りするべく全力を尽くしてまいりますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

↓↓↓↓スマホ↓↓↓↓

治療することはもちろん、
患者様が豊かな生活を送るための
手助けになるように努めております。

私達は患者様に信頼・信用していただくことを心掛けています。


そのためには、第一にご来院の理由をよくお聞きしてから、お体が現在どういう状態なのか、どうなっていったら健康を保てるのかを、しっかりとお調べします。

 

そして、その結果をより分かりやすくご説明し、よく相談して方針を決め、その上で治療させていただいております。

 

地域に密着した「かかりつけ医」として、皆さまの健康をお守りするべく全力を尽くしてまいりますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

TAKEDA CLINIC

経歴

東京都出身

千葉大学園芸学部卒業

埼玉医科大学卒業

埼玉医科大学附属病院消化器一般外科(Ⅱ)入局、同研修医修了 (麻酔科、放射線科、高度救命救急センターにて研修)

社会福祉法人毛呂病院 勤務

埼玉医科大学 衛生学教室非常勤講師(~平成19年)

東京慈恵会医科大学 医学部 環境保健医学講座非常勤教員(平成19年~)

埼玉医科大学 医学部 地域医学・医療センター 非常勤講師 (平成24年5月~)

平成15年10月千葉県茂原市にて、内科、小児科、外科、リハビリテーション科標榜する無床診療所、武田メディカルクリニック開院。
一般外来診療、救急診療に従事。
平成18年  8月医療法人社団光晶会(東京都)設立
平成19年  9月武田メディカルクリニック(茂原市)閉院
平成19年11月医療法人社団光晶会武田メディカルクリニック(目黒区八雲)開院
平成23年12月医療法人社団光晶会武田医院に名称変更
指定居宅介護支援事業所 武田医院ケアセンター 設立
平成29年5月目黒区補助事業 病後児保育室 すくすくナーサリー 開設

↓↓↓↓スマホ↓↓↓↓

平成15年10月
千葉県茂原市にて、内科、小児科、外科、リハビリテーション科標榜する無床診療所、武田メディカルクリニック開院。一般外来診療、救急診療に従事。
平成18年  8月
医療法人社団光晶会(東京都)設立
平成19年  9月
武田メディカルクリニック(茂原市)閉院
平成19年11月
医療法人社団光晶会武田メディカルクリニック(目黒区八雲)開院
平成23年12月
医療法人社団光晶会武田医院に名称変更
指定居宅介護支援事業所 武田医院ケアセンター 設立
平成29年5月
目黒区補助事業 病後児保育室 すくすくナーサリー 開設

公職

目黒区医師会 理事(防災・労災担当)

東京内科医会 理事

目黒区介護認定審査会 第4審査会 議長

目黒区立特別養護老人ホーム東山ホーム 嘱託医

目黒区立東根小学校 学校医

.

.

.

所属学会等

日本臨床内科医会認定医

日本人間ドック学会認定医

日本医師会認定産業医

日本禁煙学会認定医

認知症サポート医

介護支援専門員(ケアマネージャー)

日本救急医学会会員 日本プライマリーケア連合学会会員

日本集団災害医学会会員 日本高気圧環境医学会会員

武田医院の沿革

武田医院について

この写真は、千葉県市原市古市場に現存する、旧武田医院の建造物です。

 

現在では、その建物は入院病棟部分は取り壊されていますが、以前からあった洋館を移築後和風建築を結合し、和洋折衷の特異的な建築様式の建物になっています。

 

千葉県内には戦前の洋館が少ないため、平成9年(1997)7月に「武田家住宅」として国指定の登録有形文化財(建造物)として指定され、現在、武田信美氏の末裔が護っています。

↓↓↓↓タブレット・スマホ↓↓↓↓

武田医院について

この写真は、千葉県市原市古市場に現存する、旧武田医院の建造物です。

 

現在では、その建物は入院病棟部分は取り壊されていますが、以前からあった洋館を移築後和風建築を結合し、和洋折衷の特異的な建築様式の建物になっています。

 

千葉県内には戦前の洋館が少ないため、平成9年(1997)7月に「武田家住宅」として国指定の登録有形文化財(建造物)として指定され、現在、武田信美氏の末裔が護っています。

  • 明治23年(1890)年

代々漢方医の流れを組む、房州武田一族の上総武田家十七世当主で医師の武田 行信(18??~1901)の長男・武田常信(1860~1951)房総半島中央部の長生郡 山内村(現・長南町)に「武田医院」を開業

  • 大正5(1916)年~

曽祖父武田常信により、現存する武田医院建築。

 

当時としては珍しい近代的な手術室、 分娩室、入院設備を備えた病棟を山内村の小高い丘の上に建設した。

 

武田常信の長男・武田英信(1887~1950)が「武田医院」を後継したが 戦後の混乱期に病棟ごと長南町山内から千葉県市原郡菊間村古市場(現・市原市)へ移設し、 武田英信の弟・武田信美(1891~1976)が「武田病院」として昭和30年頃に再興した。

  • 昭和25(1950)年

武田英信の三男・武田(永嶋)信恒(1924~2005)が、 千葉県長生郡西村小沢(現・長南町)にて開業し武田医院の名称を継承。

  • 平成15(2003)年 10月

武田メディカルクリニック(茂原市)開院。

  • 平成17(2005)年

叔父永嶋信恒院長の逝去により武田医院閉院。

  • 平成18(2006)年 8月

医療法人社団 光晶会 設立。

  • 平成19(2007)年 9月

武田メディカルクリニック(茂原市)閉院。

  • 平成19(2007)年 11月

医療法人社団光晶会武田メディカルクリニック(東京都目黒区) 移転開院。

  • 平成23(2011)年 12月

医療法人社団 光晶会 武田医院に名称変更。指定居宅介護支援事業所 武田医院ケアセンター併設。

参考

●「房総の名族房総武田物語」府馬清著(昭和図書出版)

●「房総武田氏の興亡」府馬清著(崙書房)

●「戦国大名房総武田氏と信玄」永嶋信恒著(千葉日報社)

住所

〒152-0023

東京都目黒区八雲3-5-3

電話番号03-5726-1122
診療内容一般内科、小児科、外科、放射線科、特定健診、禁煙外来、予防接種、在宅医療  

↓↓↓スマホ用↓↓↓↓

住所〒152-0023 東京都目黒区八雲3-5-3
診療内容一般内科、小児科、外科、放射線科、特定健診、禁煙外来、予防接種、在宅医療
電話番号03-5726-1122

↓↓↓スマホ用↓↓↓↓